転職回数が多いほど不利になる?

問題点とは言い切れないが、
一般的に「転職は3回まで」と言われている。

リクナビNEXTが企業の人事担当と
キャリアアドバイザーに対して行ったアンケートでも、
「転職歴は3回目から気になる」という回答が
全体の36%と最も多くなっている。

また企業の人事担当に対して行った別のアンケートでは、
「転職活動が多いとマイナスの印象を受ける」
という回答が91%にも達している。

転職回数が多いと不利になる理由としては、
「転職を繰り返している」という事実が、
「この求職者は飽きっぽいだけで、
仕事が続かないのでは」という危惧に
つながりやすい事が挙げられる。

しかし、
転職がキャリアアップを目的としたものであったなど、
キャリアに前向きさが見られる場合は
不利にならないケースもある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。