転職・再就職成功の法則

転職・再就職成功の法則転職・再就職成功の法則
「もっと働きたい」という気持ちをかなえる実践セミナ旬報社ブックス 著者:小澤佳代子出版社:旬報社サイズ:単行本ページ数:92p発行年月:2004年03月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)1章 「これがセールス・ポイントだ!」自分の“強み・魅力”をはっきり知る(働きたい人に、賞味期限なし/まずは、自分が「変わらなきゃ!」 ほか)/2章 「いかに有利な情報を得るかが勝負!」求人検索のコツ(働く条件を整理する/絶対に譲れない条件から順位をつける ほか)/3章 「この人に会ってみたい」と思わせる履歴書、職務経歴書の書き方(自分を売り込むツール、応募書類は3点セットで/応募書類はクリアファイルに入れて送る ほか)/4章 「この人と働きたい」と思わせる失敗しない面接法(“落ち組”はひと目でわかる/最初の3分で採否が決まる ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)小沢佳代子(オザワカヨコ)キャリア・カウンセラー。国家公務員として25年間ハローワークに勤務。在職中から「生涯にわたるキャリア形成の支援」をテーマとしてきた数少ない実践者。そのノウハウを後継者育成に生かすべく、平成13年6月(有)モアフレンズを設立。現在は個人のキャリア・カウンセリングとキャリア・コンサルタントの養成、企業の人事コンサルティング、就織セミナー講師などで活躍中。また、ハローワーク在職中からライフワークとしてきた女性の自立支援を目的に、産業カウンセラーを主な構成員とする特定非営利活動法人「WING21」を平成15年6月に設立し、理事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 労働
さらに詳しい情報はコチラ≫


地方議員に就職・転職する方法

地方議員に就職・転職する方法地方議員に就職・転職する方法
市議・町議・村議・県議 著者:中根一幸出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:230p発行年月:2003年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)地盤(後援会)、看板(知名度)、かばん(お金)無し、ゼロから始めて当選するまでのすべてを伝授。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 基礎編(地方議員とは/地方議員の仕事/地方議員の被選挙権と待遇/あなたは議員としてやっていけるか/地方議員への道いろいろ)/第2部 実践編(地方議員を目指すための準備/準備期にすべきこと/実践期間/追い込み期/最終準備期間(2カ月前〜告示日前日)/選挙期間/選挙後について)【著者情報】(「BOOK」データベースより)中根一幸(ナカネカズユキ)1969年7月11日埼玉県鴻巣市生まれ。専修大学大学院法学研究科修了。1995年鴻巣市議会議員選挙で25歳ながらトップ当選。1999年の鴻巣市議会議員選挙でもトップ当選する(得票率全国1位)。1997年より立ち上げた若者政治家養成塾(当初若者政治家養成スクール)は、埼玉県地方を中心に多数の地方政治家を誕生させ、その活動はNHK、テレビ朝日系列ニュースステーション、週刊誌等多数のマスコミに取り上げられている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 政治
さらに詳しい情報はコチラ≫


就職活動・転職活動の効果的進め方

就職活動・転職活動の効果的進め方就職活動・転職活動の効果的進め方
就活に必要な「考える力」と「伝える力」が身に付く 著者:平井繁憲出版社:新生出版(千代田区)/ディーディーエヌサイズ:単行本ページ数:146p発行年月:2005年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)受講者の強い要請を受けあの「就活セミナー」が本になる!就職活動の本質と何をどうすべきかの方策がよくわかる。大学生・第二新卒者・フリーターから中高年まですべての求職者必読の書。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 自分自身を知るステップ(キャリア分析について/ビジョン設定について/方向性の決定について)/第2章 求人市場を知るステップ(求人メッセージについて/強みと弱みについて/自己課題の把握について)/第3章 応募書類を作るステップ(応募三点書類について/求人ニーズ対応について/自己PR書について)/第4章 面接力を鍛えるステップ(コミュニケーションについて/プレゼンテーションについて/想定問答と模擬面接について)/第5章 応募活動に入るステップ(求人情報の収集について/計画的応募活動について/課題解決活動について)/付録 就職活動ワークシート【著者情報】(「BOOK」データベースより)平井繁憲(ヒライシゲノリ)1950年、奈良県生まれ。74年、同志社大学経済学部卒業。同年、損害保険会社に入社。営業部門および人事部門を歴任。01年、人材サービス会社に入社。キャリアコンサルティングに従事。04年、大学生のための「プレ就活塾」を設立。就活に必要な「考える力」と「伝える力」を提供する傍ら、大学はじめジョブカフェ等で就活アドバイザー、就活セミナー講師として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 労働
さらに詳しい情報はコチラ≫


キャリアの断絶


前職での経験が生かされていると
答えた者の割合は5割強、
活用されていないとする者は25%程度になっており、
知識・経験が必ずしも蓄積・活用されていると言えない。

ただし、専門・技術職や管理職では、
7〜8割程度が何かしら経験が
生かされていると答えている。

機密保持との兼ね合いで
経験を生かせる職につけないこともあるが、
25歳程度までの若年層を対象とする
第2新卒採用(採用者は新卒扱い)に示されるように、
企業側が中途半端な知識・経験を求めていない
という点も指摘される。

転職回数が多いほど不利になる?

問題点とは言い切れないが、
一般的に「転職は3回まで」と言われている。

リクナビNEXTが企業の人事担当と
キャリアアドバイザーに対して行ったアンケートでも、
「転職歴は3回目から気になる」という回答が
全体の36%と最も多くなっている。

また企業の人事担当に対して行った別のアンケートでは、
「転職活動が多いとマイナスの印象を受ける」
という回答が91%にも達している。

転職回数が多いと不利になる理由としては、
「転職を繰り返している」という事実が、
「この求職者は飽きっぽいだけで、
仕事が続かないのでは」という危惧に
つながりやすい事が挙げられる。

しかし、
転職がキャリアアップを目的としたものであったなど、
キャリアに前向きさが見られる場合は
不利にならないケースもある。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。